Miya
STORYクリエイティブ

vol.1 コーヒーを一日に何杯も飲む人

お料理して、愛犬2匹と戯れる最高のライフスタイルを過ごすMiyaさん。「10年前も今が一番と思ってた、今の方がいいけどね。」とガハハと笑うその幸せの秘訣を伺いました。

とあるデザインスタジオで、グラフィックデザイナー駆け出しだった私に、親切に何でも教えてくれたデザイナーさんの印象。15年ほど前のことです。今は量は減らしてはいるけど、やっぱりコーヒー好きなんだとか。フリーランスグラフィックデザイナーのMiyaさんが自宅で出迎えてくれました。

Miyaさんは、自家製の天然酵母パンを作ってはインスタグラムにアップする、というフードフォトグラファーでもあります。パン歴6年、カメラ歴は5年。そのパンも時々頂いたり、カメラのことも教えてもらったり、どこまでいってもお世話になりっぱなし。

この写真、彼のカメラで撮らせてもらったものだし。

これも我が家にパンを持ってきてもらったとき。

ご夫婦はフード中心のライフスタイルで、キッチンにはこだわりの食器と食材が揃い、週末はマーケットやカフェ巡り。イタリア好きとあって、シドニーの中でもイタリアン街のライカートに住居を構えることになったほど。今年は、友人からイタリアのサルディニア島での結婚式に招待され、イタリア各都市を巡る旅行をされてきたばかり。

お料理して、愛犬2匹と戯れる「今のライフスタイル、最高」という宮川さんに、10年前はどうだったっけ?と聞いてみました。

2007年はシドニーのEastern SurburbのBelelvue Hillに住み、犬はRoxyのみ。ご夫婦で同じ会社に勤務され、ちょうど家を購入しようと探し始めていた頃。パン作りもまだ始めていなかったそう。お二人の当時の家でのホームパーティーに招待され、お料理をたくさんご馳走になったこと、覚えています。

Miyaさんは知っている人の中で唯一、パートナーのYukiさんを「妻」と呼ぶ人。宮川家に入っているわけじゃないから「嫁」じゃないし、家の奥に引っ込んでいるわけじゃないから、「奥さん」じゃないんだよね、だから、wifeに当たる言葉が「妻」かなーと思って。これ、私がパートナーを「夫」と呼ぶのと同じ理由なのですが、なかなか周りにいないので、宮川さんが「妻」と呼んでいると知った時、嬉しかったんですよね。

彼はこうとも言う。「彼女が決めたことが結局必ず正しい、不思議なんだけどねー、これが。」料理をはじめたのも、海外移住したのも、犬を飼う、家を買う、のもYukiさん主導。おふたりは日本の職場で知り合い、1998年に結婚したのち、2001年にはYukiさんがオーストラリアの永住権を取得して、シドニーへ移住。Yukiさんにはメルボルン留学経験があり、ずっと移住したいと思っていたそうで、ハネムーンもオーストラリアだったと。

「10年前も今が一番と思ってた、今の方がいいけどね。」とガハハハと笑えるのが、Miyaさんの幸せの秘訣らしい。10年後想像できる?って聞いてみたけど、できない!って。だって、いつだって今が一番いいもんね。


取材協力:Miyaさん
シドニー在住グラフィックデザイナー。フードフォトと天然酵母パンは独学、ときどきベジタリアン。
https://mickyrabbit.com/

About author

Articles

オーストラリア・シドニー在住ブランドスタイリスト。グローバルに活躍する起業家のパーソナルブランディングを専門とする。書いた記事がキッカケで人生が飛躍する人たちが続出し、写真と文章で人を輝かせることが天職だと気づく。STORYは、Kimikoがこれまで出会った人生を楽しむ人たちを取材するライフワーク。
Related posts
STORY健康・医療家庭教育・語学

vol.46 心の声を採用する勇気

自分で納得する選択にこだわる由佳子さんの、これまでとこれからのSTORY。
Read more
STORY健康・医療

vol.45 あの時の自分を思い出せる場所

オーストラリアに何度も訪れる絵里子さんの、自宅でも職場でも介護一色なこれまでとこれからのSTORY。
Read more
STORYクリエイティブ

vol.44 一日一トライ

ものづくりと人づきあいが大好きな良平さんのこれまでとこれからのSTORY。
Read more